三重県高校入試情報

三重県公立高校入試
>>前期試験   >>後期試験

三重県私立高校入試
>>三重県私立高校一覧


公立高校入試

三重県の公立高校の選抜方式は前期・後期・再募集の3つがあります。

前期試験について


前期試験は、希望する高校のみで2月に行われます。2月に各高校、学科で実施されます。他県で行われる推薦入試に近いものと考えられます。
■次に示す検査の中から各高校が指定する1つ以上の検査を実施します。

■ 選抜方法
 自己推薦、調査書、高校が実施する調査の結果を総合し合格内定者を決定します。
■募集枠
 普通科(コースを除く)においては入学定員の30%、普通科の中に設置されているコース、専門学科及び総合学科においては入学定員の50%を上限とします。

※前期選抜等に出願する際には、「入学確約書」の提出が必要です。
※前期選抜等で合格内定となった場合は、合格内定となった学校に入学するため、後期選抜の出願はできません。
※前期選抜のみで、または後期選抜のみで、入学定員のすべてを募集する高校、学科、コースがあります。

 >>平成27年度三重県立高校入試 前期選抜概要(三重県学校ネットワーク参照)

後期試験について

後期試験は、一般的な学力と内心の総合評価による選抜方式です。
学力検査は英語・数学・国語・理科・社会の5教科。1教科45分、各教科50点満点、合計250点満点で評価します。
 ※以下の高校(学科・コース)は傾斜配点を実施しています。
 ・四日市南(数理科学コース)・・・数学を100点
 ・飯野(英語コミュニケーション)・・・英語を100点
 ・久居(スポーツ科学コース)・・・実技(50点)を追加
 ・宇治山田商業(国際)・・・英語を100点
 ・松阪商業(国際教養)・・・英語を100点
 ※学力検査に加えて、実技検査、面接、自己表現、作文・小論文を実施する高校もあります。
■選抜方法
 1. 調査書の第3学年の「各教科の学習の記録」及び「特別活動の記録」等により、およそ募集定員にあたる数の者を選びます。ただし、高校によっては、調査書の「各教科の学習の記録」等により選ぶ人数を募集定員のおよそ110%または120%とあらかじめ設定することができます。
 2. 志願者全員について、学力検査と実技検査(実施校)の得点合計により、募集定員のおよそ80%にあたる者を得点順に選びます。
 3. 上記1.と2.の両方に含まれるものを合格とします。その後、学力検査等特典の高得点者から、定員の残りのうち1/2を選び、さらに残りを各高校が示す「特に重視する選抜資料等」を踏まえて決定します。

 >>平成27年度三重県立高校入試 後期選抜概要
 >>平成27年度 高校別後期選抜の選抜資料及び選抜方法の最終段階における「特に重視する円罰資料等」一覧
(参考資料:三重県学校ネットワーク)


ご質問・お問い合わせ

家庭教師募集

家庭教師指導用書類ダウンロード

愛知県高校入試情報 岐阜県高校入試情報 三重県高校入試情報


プライバシーポリシー

サイトマップ